離婚調停の段階で話をまとめる

おすすめの情報

離婚調停に踏み切るには冷静な判断が必要

人生を前向きに生きるための離婚 一般世間では「離婚」という行いに対してマイナスイメージを抱きがちで…

もっと読む

協議離婚がこじれたら離婚調停

離婚協議が決裂した時には離婚調停へ 離婚をすることは、結婚をする以上に大変だと言われていますよね。…

もっと読む

妻や夫は結局「他人」

夫婦の新しい形を裁判所を介して後押ししてくれる離婚調停 日本では離婚する夫婦が増えています。今や、…

もっと読む

パートナーと離婚の話になったら

離婚調停で話し合われる内容とは 離婚調停という言葉を聞いたことはあっても実際にどの様な事をしている…

もっと読む

カテゴリ

ニュース一覧

2017年09月19日
離婚調停に踏み切るには冷静な判断が必要を更新。
2017年09月19日
協議離婚がこじれたら離婚調停を更新。
2017年09月19日
妻や夫は結局「他人」を更新。
2017年09月19日
パートナーと離婚の話になったらを更新。

離婚調停を弁護士に依頼する利点

離婚調停を弁護士に依頼するメリットとしては、次のような内容が挙げられます。まずは手続きを有利に進めることが出来ることです。調停手続きでは裁判所の調停委員による聞き取りがあり、聞き取った内容を相手方に話すというプロセスがあります。この聞取りを受ける際に弁護士が同席して言いたい主張を整理してもらえたりするので、こちらが有利になるように手助けをしてくれます。
また、成立してしまうと判決と同じ効力を発揮する調停事項に同意する際に、意味を十分に理解できないままに同意してしまう過ちを防ぐことです。調停手続きの豊富な弁護士が味方になってくれていれば、このような取り返しのつかないミスを犯さないように、事前に色々なアドバイスを行ってくれます。加えて離婚調停が不成立に終わり、離婚裁判にまで至った時のことも考慮してこちらの対応を選んでくれます。
そして、離婚成立までにかかる時間の短縮によって精神的な負担からの解放を早めてくれます。離婚の手続きを進める時には、自分の仕事や家事、育児などのための様々な時間を犠牲にしなければいけません。加えて調停回数が増えれば増えるほど精神的な負担も大きくなってきます。それらの時間の浪費と精神的な苦痛からより早く解放してくれます。離婚調停を弁護士に依頼することにはこれらのメリットがあります。

離婚調停と離婚裁判の相違点とは

離婚に関係する言葉の中には離婚調停と離婚裁判があり、一般的に多くの方がほとんど同じ物だと認識しています。これは離婚調停も離婚裁判も裁判所が関わってくる事が理由になっていて、離婚問題に巻き込まれない限りはほとんどの方が意識する事の無い問題になっています。しかし離婚調停と離婚裁判には大きな相違点が存在していて、原則として離婚調停は夫婦間の話し合いで決着をつける形になっています。
通常の離婚の場合は夫婦間で話し合い親権や慰謝料、財産の分配などを決めていきますが、お互いに納得できない条件があれば協議離婚から離婚調停へと進んでしまいます。そして、離婚調停は夫婦の間に調停委員を挟んで条件などを話し合っていく形になります。なので基本的には裁判とは違い法律などの重要性は低くなっていて、どちらかと言えば調停委員の心証などが大きなポイントになります。
その離婚調停でも決着がつかない場合には離婚裁判に進むようになっていて、こちらは法律に基づいて証拠の提出などを行いどちらの言い分がより正当性があるかという判断を裁判官が下します。したがって、可能であれば離婚調停の段階で決着をつけられるようにしておいた方が有利になるケースもあるとされています。

少しでも離婚に対して知って頂けるよう当サイトに様々な知識と法律・離婚コラムを掲載させて頂いております。 お子様のことに関しましても先々のことを考え最善を尽くしていきます。 2014年5月2日:中央経済社より「調査・慰謝料・離婚への最強アドバイス」という本が発売されました。 過去にあった当事務所の解決事例をHPにてカテゴリーごとに掲載させて頂いておりますので参考になれば光栄です。 離婚調停について詳しくはこちら