パートナーと離婚の話になったら

おすすめの情報

離婚調停に踏み切るには冷静な判断が必要

人生を前向きに生きるための離婚 一般世間では「離婚」という行いに対してマイナスイメージを抱きがちで…

もっと読む

協議離婚がこじれたら離婚調停

離婚協議が決裂した時には離婚調停へ 離婚をすることは、結婚をする以上に大変だと言われていますよね。…

もっと読む

妻や夫は結局「他人」

夫婦の新しい形を裁判所を介して後押ししてくれる離婚調停 日本では離婚する夫婦が増えています。今や、…

もっと読む

パートナーと離婚の話になったら

離婚調停で話し合われる内容とは 離婚調停という言葉を聞いたことはあっても実際にどの様な事をしている…

もっと読む

カテゴリ

ニュース一覧

2017年09月19日
離婚調停に踏み切るには冷静な判断が必要を更新。
2017年09月19日
協議離婚がこじれたら離婚調停を更新。
2017年09月19日
妻や夫は結局「他人」を更新。
2017年09月19日
パートナーと離婚の話になったらを更新。

離婚調停で話し合われる内容とは

離婚調停という言葉を聞いたことはあっても実際にどの様な事をしているのかを知っている人は少なくなっています。なので自分が離婚調停を行う事になった時に慌ててしまうというケースは多々見られ、いざという時に備えて離婚調停で話し合われる内容を知っておく事は良い選択だとされています。まず、基本的離婚調停で話し合われる内容は協議離婚とほぼ同じになります。何が切っ掛けで離婚を考えているのか、慰謝料の請求金額、親権や養育費などおよそ考えられる全ての内容を話し合うようになっています。
と言うのも離婚調停と言う物は裁判所が法に基づいて判断する物ではなく、夫婦間でできる限り円満に離婚できるようにする事が目的になっています。なので双方の言い分を踏まえて話し合いを進めるようになっていて、その時にはお互いの主張を代弁するような形になっています。
離婚調停と言う言葉から誤解される事もありますが、離婚を回避する為の話し合いも行われています。この場合は離婚したい理由と離婚したくない理由を聞き取り、それを考慮しながら関係の修復や改善を目指します。ただ離婚調停は何ら強制力を持ちませんので、話し合いがこじれた場合には離婚裁判へと進んでしまう可能性が高くなります。

離婚調停の際は弁護士に相談

一度結婚した以上、相手と仲良く最後まで連れ添えるのが理想的なのでしょうが、実際には離婚するカップルが後を絶たないのが現状です。よく「円満離婚」というフレーズを耳にしますが、円満に解決するなら、そもそも離婚しなくていいのではないか、と思ってしまいますよね。もちろん、上手く話しあって解決するなら何も言うことはありませんが、離婚にはいざこざがつきものです。
もし、夫婦間でどうしても折り合いがつかなかった場合、離婚調停も視野に入れなければならなくなります。離婚調停は、調停委員という第三者を仲介に立てて、慰謝料の有無などといった問題を話し合っていきます。
とは言っても、離婚調停に慣れていない人のほうがほとんどですから、自分の言いたいことを整然と訴えるのは、なかなか難しいと思います。その場合、調停委員に良くない印象を与えてしまうおそれもあります。口下手だという方は弁護士をつけてみてもいいかも知れません。弁護士は法律のプロですから、何を言って何を言わないのが効果的なのかを適切にアドバイスしてくれます。できれば離婚にまで話が行かないように、普段からお互いを労れたらいいのでしょうが、そうも言っていられない場合は、弁護士に相談してみましょう。