離婚調停に踏み切るには冷静な判断が必要

おすすめの情報

協議離婚がこじれたら離婚調停

離婚協議が決裂した時には離婚調停へ 離婚をすることは、結婚をする以上に大変だと言われていますよね。…

もっと読む

妻や夫は結局「他人」

夫婦の新しい形を裁判所を介して後押ししてくれる離婚調停 日本では離婚する夫婦が増えています。今や、…

もっと読む

パートナーと離婚の話になったら

離婚調停で話し合われる内容とは 離婚調停という言葉を聞いたことはあっても実際にどの様な事をしている…

もっと読む

離婚調停に踏み切るには冷静な判断が必要

人生を前向きに生きるための離婚 一般世間では「離婚」という行いに対してマイナスイメージを抱きがちで…

もっと読む

カテゴリ

ニュース一覧

2017年09月19日
協議離婚がこじれたら離婚調停を更新。
2017年09月19日
妻や夫は結局「他人」を更新。
2017年09月19日
パートナーと離婚の話になったらを更新。
2017年09月19日
離婚調停に踏み切るには冷静な判断が必要を更新。

人生を前向きに生きるための離婚

一般世間では「離婚」という行いに対してマイナスイメージを抱きがちです。しかし、価値観が多様化している昨今では、古い人生観というのはどんどん淘汰されていく状況にあります。もちろん愛し合った夫婦が死ぬまで二人三脚を続ける事は素晴らしいですが、だからといって離婚したい人の意思をないがしろにしたり、ネガティブな哀れみを向ける事は非常に前時代的な失礼行為だと覚えておきましょう。
そして円滑な離婚を行ううえで覚えておきたいのが「離婚調停」という行政手続きです。どうしても夫婦間でスムーズな離婚が行われない時、専門家や法律が間に入り、トラブルをできる限り最小限に抑えるよう交通整理を行うのが離婚調停なのです。離婚調停を行うには市町村役場へ書類を提出したり、何かと細かい事務処理なども必要となります。そういった煩わしさも専門家なら豊富な知識でガイドしてくれますので、離婚調停をお願いする弁護士など専門家は経験豊富な人を頼るようにして下さい。
お互い新しい人生を歩むためにも、スッキリと綺麗な離婚を前向きに実現していけるよう頑張りましょう。今の時代、前向きに離婚を行う事は全く珍しい話ではありませんよ。情報サイトなどを頼りに離婚調停の事例などを参考にしてみて下さい。

離婚調停は話し合いで解決しない場合

離婚を考えた二人は話し合って解決する場合、協議離婚が成立します。しかし話し合って、慰謝料や子供の親権について解決しない場合に裁判が行われます。しかし、裁判をする前に離婚調停をしなければいけないことが決められています。
離婚調停のタイミングは、お互いの条件が違って話し合いができない。直接話をするとけんかになってしまうので、プロに入ってもらいたい。離婚の希望を伝えても、相手から返事がないときに行われます。
調停成立のいい面は、決められた慰謝料や養育費を相手が払わない場合は、強制的に給料からおさえることができます。調停が成立しなかった場合は、不成立になって離婚裁判になります。離婚裁判になると、弁護士を入れる必要があります。裁判所が証拠に基づいて、公正な判断をしてくれますが逆に証拠が十分でないと不利になります。
離婚調停のときから、弁護士を利用する人は増えています。男女ともに少しでも有利な条件で、離婚したいという気持ちが強くなっています。弁護士は調停委員に、現在の状況をわかりやすく伝える方法についてもアドバイスがあります。不利な条件で離婚が成立すれば、後戻りができないので慎重に考えて行動する方が多いといえます。